春节感言日语作文范文大全 - 日语优秀作文范文

时间:2018-08-27分类:作文

春节感言日语作文范文大全

一般年贺状の文例

新春のお喜びを申し上げます

皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。

昨年は何かとお世话になりまして、大変ありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお愿い申し上げます。

谨んで新年のお祝辞を申し上げます

旧年中はひとかたならぬご厚情を赐り、诚にありがとうございました。

本年も相変わらず、よろしくお愿いいたします。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

新年おめでとうございます

よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。

私共も家族一同元気に过ごしております。

旧年中はひとかたならぬご厚谊を赐りまして、大変ありがとうございました。

本年も何とぞよろしくお愿い申し上げます。

谨んで新年のお祝いを申し上げます

昨年は何かとお世话になりまして、ありがとうございました。

おかげさまで良き新年を迎えることができました。

本年も昨年同様よろしくお愿い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

ページTOPへ

宛先别・年贺状の文例

< 上司へ >

谨んで新年のご祝辞を申し上げます

ご家族ご一同様には、幸多き新春を迎えられたこととお喜び申し上げます。

旧年中は格别のご厚情を赐り、诚にありがとうございました。

本年も昨年同様、ご指导ご鞭挞のほどよろしくお愿い申し上げます。

新春のおよろこびを申し上げます

良き新年をお迎えのことと存じます。

昨年中は并々ならぬご厚情を赐り、厚く御礼申し上げます。

本年も昨年同様、ご指导の程よろしくお愿いいたします。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

谨贺新年

旧年中は公私にわたって大変お世话になり、心より感谢申し上げます。

昨年中は并々ならぬご厚情を赐り、厚く御礼申し上げます。

本年も昨年同様、ご指导の程よろしくお愿いいたします。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

< 恩师へ >

谨んで新年のご祝辞を申し上げます

先生にはごきげんよく、新年をお迎えのことと存じます。

今年も新绿の顷に同窓会を企画しております。お目にかかれることを心より待ち望んでおります。

ますますのご健康をお祈り申し上げます。

谨贺新年

よき新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。

大変ご无沙汰しておりますが、先生におかれましてはお元気で过ごされていることと存じます。

どうぞご自爱の上、より一层のご活跃のほどを期待しております。

本年もよろしくお愿い申し上げます。

< 亲から先生へ >

谨んで新春のお喜びを申し上げます

旧年中は【子供の名前】がたいへんお世话になりました。

帰宅後に授业やクラブ活动の话をし、学校が楽しくて仕方ないという様子を见せてくれますのは、亲として何よりうれしく存じます。これも先生のご指导の赐

物、本当にありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお愿いいたします。

< 亲戚へ >

新春のおよろこびを申し上げます

皆様お揃いで、よき新春を迎えられたことと存じます。

昨年、【相手続柄・敬称】にはひとかたならぬご厚情をいただき、深く感谢いたしております。

本年も、なにとぞよろしくお愿い申し上げます。

< 仲人へ >

新年おめでとうございます

よき新春を迎えられたことと、谨んでお喜び申し上げます。

昨年は大変お世话になりまして、ありがとうございました。

まだまだ未熟者の二人ではありますが、今後ともよろしくご指导のほどをお愿いいたします。

皆様に幸多き年となりますように。

< 亲から仲人へ >

新年おめでとうございます

よき新春を迎えられたことと、谨んでお喜び申し上げます。

昨年は大変お世话になりまして、ありがとうございました。

まだまだ未熟者の二人ではありますが、今後ともよろしくご指导のほどをお愿いいたします。

皆様に幸多き年となりますように。

日语作文范文

你自己用百度搜不是更快吗 ??输入“日语人事作文”或事“日语人事作文范文”.....

日语作文范文我的老师

私の先生

私は十三歳の时に、中国の尾道(おのみち)と云う町でそこの市立女学校にはいった。受持ちの教师が森要人と云うかなりな年配の人で、私たちには国语を教えてくれた。その顷、四十七、八歳位にはなっていられた方であったが、小さい私たちには大変おじいさんに见えて、安心してものを云うことが出来た。作文の时间になると、手纸や见舞文は书かせないで、何でも、自由なものを书けと云って、森先生は日向(ひなた)ぼっこをして呆(ぼ)んやり眼をつぶっていた。作文の时间がたびかさなって、生徒の书いたものがたまってゆくと、作文の时间の始めにかならず生徒の作品を一、二编ずつ読んでは、その一、二编について批评を加えるのが例になった。その読まれる作品は、たいてい私のものと、川添と云う少女のもので、私の作品が、たいていは家庭のことを书いているのに反して、川添と云う少女のは、森の枭(ふくろう)とか幻想の虹(にじ)とかいったハイカラなもので、私はその少女の作品から、「神秘的」なと云う愕(おどろ)くべき上品な言叶を知った。 十三歳の少女にとって、「神秘的」と云う言叶はなかなかの愕きであって、私はその川添と云う少女を随分尊敬したものだ。――森先生は、国语作文のほかに、珠算を时々教えていられたのだが尾道と云う町が商业都市なので、课外にこの珠算はどうしてもしなければならなかった。私の组で珠算のきらいなのは、私と川添と云う少女と、森先生とであったので、たいていは级长が问题を出して皆にやらしていた。 森要人先生は、その女学校でもたいした重要なひとでもないらしく、朝礼の时间でも、庭の隅(すみ)に呆んやり立っていられた。课外に、森先生に汉文をならうのは私一人であったが、ちっとも面倒がらないで、理科室や裁缝室で一时间位ずつ教えを受けた。头の秃(は)げあがったひとで、组でもおぼろ月夜とあだ名していたが、大変无口で私たちを叱(しか)ったことがなかった。 秋になって性行调査と云うのが全校にあって、毎日一人か二人ずつ受持ちの教师に呼ばれて色々なことをたずねられるのであったが、私たちはまだ一年生で恋人もなければ同性爱もなく、别にとりたてて调べることもないのであったが一人ずつ呼ばれた。私も何人めかに呼ばれて、森先生は呆んやりした何时(いつ)もの日向ぼっこのしせいで「どんな本を読んでいるか」とたずねた。私は『复活』と『书生かたぎ』と云うのを読んでいると云ったら、すこし早すぎるとそれだけであった。 森先生は、私たちが二年になると千叶の木更津(きさらづ)中学へ転任してゆかれた。めだたないひとだったので谁も悲しまなかった。先生の家族を停车场へおくって行ったのは生徒で私ひとりであった。私はそれからも、その先生の恩に报いるため、母にねだっては时々名物の饴玉(あめだま)を少しばかり送った。(坊ちゃんが二、三人あったように记忆していたので)暂(しばら)くして、私たちの国语の教师には早大出の大井三郎と云うひとがきまった。まだ二十四、五のひとで、生徒たちにたちまち人気が涌き、国语や作文の时间が活気だってきた。夜なんかも、この先生の下宿先きには上级生たちがいっぱい群れていた。私はこの先生に文章倶楽部(くらぶ)と云うのを毎月借りていた。大井先生はまた私に色々な本を贷してくれた。広津和郎(ひろつかずお)の『死児を抱いて』と云う小さい本なぞ私は愕きをもって読んだものであった。 ある日、昼の休みに讲堂の裏で铃木三重吉(すずきみえきち)の『瓦』と云う本を読んでいた。校长がぶらりとやって来て、此様な社会の暗?#92;面を知るような本を読んではいけないと云った。私は大変いい本だと思いますと云うと、そのあくる日の朝礼の时间に、校长がひとくさり、小说の害を说いて降坛すると、その后に若い国语の大井先生が「小说を読むふとどきな生徒がいることは困ったことです」と登坛された。私は首をたれていたが、この若い教师の言叶をそのときほど身に沁(し)みて考えたことはなかった。その『瓦』と云う本は大井先生に借りていたものであった。森先生に伸々(のびのび)とそだてられていた私は、小说を読むことをそんなに害とも思わなかったし、学校で読んで悪いことも、そんなに気にしていなかったので、それからと云うもの、私はこの若い国语教师にうっすらと失望を感じ尊敬を持たなくなった。学校へは一切小说本を持ちこまなくなったかわり、勉强もおろそかになってしまって、三年四年となるにつれて、私はせいせきが段々悪くなって、卒业する时は八十七分の八十六番位で出たと思う。国语も作文も図画も乙ばかりだった。 その时の校长を佐藤正都知と云った。私の家族はその顷尾道の近在を行商してまわっていたので、学校から帰っても谁もいなかったし、家の前のうどんやで、毎晩、私は夕饭を食べるようになっていた。一ヶ月分の金があずけてあって、夕方になると私はそのうどん屋の细长い茶向台で御饭をたべた。ある夕方、私は御饭をたべてこのうどん屋から出かけると、ちょうど遅く学校から帰って来ていた校长に逢った。その翌日、学校から母へ呼び出し状が来たがこの忙がしいのにそれどころではない、面倒なことを云われたら止(や)めてしまえとそのままになった。私は学校中でもいけない部类の生徒になって、しまいには、何かが无くなっても私にかぶせられた。新らしい上草履(うわぞうり)を买ってはいていると、受持ちの図画の市河と云う教师に呼ばれて、その草履は谁それのものではないかと云われた。私は朝、自分でその草履を买ったばかりで名前を书くひまもなかったが、教室へ帰ると、その时ばかりは学校へ火をつけてやりたかった。その草履については、母が、お前の身分としては竹の皮の表でよいと云うのを无理矢理八銭ほどはまらせて、畳表(たたみおもて)の麻裏を买ったもので、あとで、同组の生徒が告げ口したと云うことを闻き、その生徒の前で怒鸣(どな)ったことがあった。私は、仲のいい友达がひとりもなかった。川添と云う少女とは组が别れて、私は英语の多い级にいたのでめったに逢えなかった。 私は一年生の时は百人の组(くらす)で十一番であったが、卒业する折は、満足に卒业出来るかと心配した位で、好きな学课は、地理と英语と国语と歴史と作文と図画であった。どれも乙ばかりで、三、四年の顷好きだった図画も乙ばかりだった。図画の宿题には、讲谈倶楽部か何かの口絵を描いて来る少女が一番いいせいせきで、私のように静物や风景を写生してゆくのには、何时(いつ)も乙か丙をくれた。今考えだしても学校时代は何の愉(たの)しみもなかった。私は、あんまり女学校时代のことを书かないけれども、森先生以外にはなつかしいと思う先生がひとりもない。卒业も出来かねた私を卒业さしてくれたのは大井先生だと云うことを同|组(くらす)のものに闻いたことがあったがこれはうれしかった。卒业写真に、私は?#92;木绵の纹付(もんつき)を着てうれしそうに写っているが、これは下级生の纹付を借(か)り着(き)して行ったもので母もその当时は、卒业出来るのなら工面(くめん)してでも纹付を造ってやったにと云い云いした。 この学校を卒业して十三、四年になるが森先生は木更津の中学校にいまだにいられるかどうか、私はそれきりお逢いしたことがない、いまでは老齢になっていられることであろう。私はこの先生にだけは逢いたいと思っている。

最新推荐

题目岩石研究岩石主要从()() - 岩石物理学基础测试题

商务英语专业考研可以报考哪些学校以及学校的排名情况 - 商务英语考研专业排名

小学四年级下册语文练习册第八组综合练习答案人教板 - 四年级下册帮你学语文答案

急求纯电动汽车与环境的英语论文 - 关于电动汽车的英语论文

初一数学的奥数题 - 数学七年级奥数题

急需北京市第14中学的资料 - 初中英语教研课评课

有没有关于语文的有很多好词好句的网站或者有什么书也可以 - 语文初三好词好句

教育类app有哪些 - 英语教育类app

中考英语口语考试怎么得满分 - 南京中考英语口语考试

五年级上册人教版数学课训答案 - 五年级上册数学课答案

杀人啦9年级数学北师大课本内容扫描 - 初三数学北师大电子书

topik的作文题 - 最新作文题

跪求雅思a类大作文修改及评分急啊 - 雅思观点类大作文

怎样学好高中物理课外补习究竟效果怎样 - 高中物理作业批改记录

关于探索的400字作文 - 关于探索的作文400

一起走过的日子作文600字左右初三的 - 与朋友一起走过的日子作文600字

麦片用英语怎么拼 - 麦片用英语怎样拼读

求2010嘉兴高一期末考B卷数学答案 - 高一数学期末考试试卷分析

学过医用电子仪器维护专业的请讲一下就业前景怎样详细点 - 医用高等数学在生活中的应用

国内的儿童拼图玩具拼图品牌 - 数学形状拼图图片大全